Archives

All posts for the month 10月, 2014

年末はどう過ごされますか。最近では、海外や国内旅行を楽しむ人も増えてきました。自宅でゆっくり過ごすより、旅行に出て、アクティブに年末年始を過ごす人が増えています。しかし、中には、田舎に帰省をせずアパートで一人で過ごす人もいます。学校の同級生や、会社の同僚が皆お正月休みのために、帰省する中で、自分は帰省せず、ゆっくりアパートで過ごす感覚は不思議です。ひとりで過ごすのは特に寂しさを感じるわけではありません。近年、おひとり様を楽しむ人が増えています。何者にも束縛をされず自由気ままに過ごせるのはある意味とても贅沢です。特に年末に、静まり返ったアパートでひとりで過ごすのはとても不思議な感覚になりやすいでしょう。周りが静か過ぎて、もしかすると自分ひとりだけしかいないのかもしれない気持ちになりやすいです。特に除夜の鐘を一人で聞いた時は、不思議な感覚に陥るものです。特別な気持ちになるのは、除夜の鐘のせいかもしれません。

年末になると、ハワイやオーストラリアで過ごす友人がいるのですが、私は大みそかやお正月ぐらいは家の中で過ごしたいと思うので、どこにも出かけず、こたつの中でのんびりすることが多いですね。
家族と一緒に、それほど面白くもないバラエティ番組を見ながら、みかんや和菓子を食べたり、日本酒を飲んだりしていると、あたたかい気持ちになって安らぎます。
この一年、一生懸命働いてきて良かった、などと思ってしまうので、このスタイルを変えるつもりはないですね。
それに我が家では除夜の鐘がゆっくり聞こえてくるので、非常に風流に感じます。
日本人に生まれて来てよかったと思うのが、除夜の鐘を聞いているときなので、一年のうちで一番幸せな時間かも知れません。
そのまま眠ってしまったり、ときには初詣に出かけることもありますが、お正月そのものよりも、私はお正月になる瞬間が好きなんだと思います。
おせち料理を食べたり、親戚が遊びに来ることを考えると、ワクワクしますからね。

個人的に私が一番好きな時期が年末です。
何となく忙しい時期ですが、クリスマスや大晦日などイベントが多いのが嬉しいのです。
特に外出して何かに参加するという訳ではなく、年末はただひたすら家で過ごすのが好きです。
そして最近はテレビを観て過ごす人が少なくなってきましたが、私は絶対に大晦日に紅白歌合戦を観ています。これは私が小学生の頃からの習慣で、結婚して主人が横で他の番組を観ていてもブレません。
紅白を観ないと年が越せない気分になるから、自分でも不思議です。
そして除夜の鐘が鳴り始めると、そっと鐘の音に集中します。
除夜の鐘を聞いていると、「今年も無事に暮らす事が出来た」という気持ちとともに、何故か子供の頃から学生時代、社会人時代の自分の姿を思い出してしまいます。
たぶんこれは私がまだ10歳の頃、除夜の鐘を聞いていた時に、子供心に「もう10年も生きてきたのか」と感じた事がきっかけです。それからというもの、いつも自分の人生も振り返ってしまうのです。
たぶん今年も除夜の鐘を聞いていると、間違いなく自分の歴史を思い出すはずです。